クラウドファンディング☆ファームとは?

えんぶ☆TOWN「クラウドファンディング☆ファーム」は、「作り手」と「観客」が “表現” を楽しむという共通項でつながり、ともに手を携えて“新しいカタチの表現世界” を生みだそう!という現在進行形のトライアル企画です。

当サイトは資金調達に留まらず、PRや市場調査的な役割も持っています。ここで作成されたPR記事は宣伝活動のツールにもなります。

クラウドファンディング☆ファーム3つの特徴

プロジェクト実施予定のある人のみを掲載

本サイトはAll-in方式のみを採用しています。プロジェクトを実行するという約束のもと、目標金額の到達の有無にかかわらず、集まった支援金額(手数料などを除く)を受け取ることができます。

えんぶ☆TOWN内にあり
幅の広いPR活動ができます

アートとエンタテインメントの街「えんぶ☆TOWN」の繋がりを利用して金銭的な支援だけに留まらない、幅の広いPR活動ができます。雑誌『えんぶ』電子雑誌『演劇ターン』も効率よく利用できます。

手数料の安さを最優先

クラウドファンディングの第一の目的はプロジェクトの資金を集めることです。その集まった資金を手元に残せる手数料の多少は最重要事項の一つです。本サイトの手数料は10%と割安です。

5つのポイント

point
文化芸術支援の3本目の柱になります

みなさんからの支援金の集まりが“文化芸術”の3本目の柱になります。現在は国・公的機関と文化団体の助成が主な支援の形ですが、ここに個人の支援が加わって、今まで欠けがちだった幅広く細やかな部分を補うことができます。個々の人びとが主体になるという民間活力本来の形を作り出したいです。

point
演劇を中心とした“表現の世界”に特化

まずは自社が得意とする演劇を軸にスタート。他ジャンルを巻き込みながら、改良を重ね新しいサービスや仕組みなどを開発していきます。表現を楽しむ中で“支援”というかたちを越えた豊かな繋がりを作り出せればと考えています。

point
プロジェクト共催の提案

プロジェクトを共同で立ち上げましょう。この企画は参加者のみなさんと共に“新しいカタチの表現世界” を生みだしたい!という現在進行形のトライアル企画です。私たちもクラウドファンディングを必要としています。

point
他のサイトとの併用歓迎

書類を作るのはとても面倒です。せっかく作った原稿をいろいろな場所で利用できるとよいと思います。そこで本サイトでは他サイトとの併用歓迎です。複数サイトの利用は支援金を少しでも多く獲得したい、多くの人にPRしたいというアイディアに有効だと思われます。この部分は以下のコメントを参考にしました。

クラファン(株)代表板越ジョージ氏によると
「10回以上クラウドファンディングを利用した人の購入パターンを調査したところ、SNSでシェアされたまたま欲しくなったものがクラウドファンディングの案件だったケースが大多数です。一方で、各サイトを頻繁にチェックしている人は少数でした。」

point
コンセプトへのこだわり

観客を含めた関係者のみなさんと共にありたいとの強い思いと、コロナ渦もあり“表現の世界”への支援が早急に必要だと考えてサイトをスタートさせました。作成を急いだため、まだシステムの機能を使いこなせていないという懸念があります。参加していただくみなさんのご助言ご協力で日々改良を重ね、よりよい形にしたいと思っています。

運営者プロフィール

演劇ぶっく各紙
運営会社株式会社えんぶ
代表者坂口眞人
本社所在地〒164-0001
東京都中野区中野3-27-16
連絡先【電話】03-3229-2424
【メール】enbutown@enbu.co.jp
営業時間月〜金 10:00〜17:00(土、日曜・祝日休業)
業務内容・隔月誌『えんぶ』(旧:『演劇ぶっく』)の発行。奇数月9日発売。
・演劇チケットの販売。雑誌『えんぶ』、演劇関連書籍、DVD、CDの販売。
・web限定マガジン『演劇ターン』の発行。偶数月9日発売。
・エンターテインメント情報サイト『えんぶ☆TOWN』の運営。
1986年4月演劇専門誌『演劇ぶっく』を刊行。取次店を通して全国書店で販売中。
1989年~2005年パルテノン多摩小劇場フェスティバルをコーディネイト。
1997年演劇と映像を作りたい人たちのための学校「ENBUart&playingゼミナール」を設立。
1999年「ENBUart&playingゼミナール」映像科クリエーターコース開講。
1999年映像雑誌「ピクトアップ」を創刊。
2000年電脳版アートとエンタテインメント街「artown(アータウン) 」開設、翌年閉鎖。
2002年アートショップギャラリー「風呂式」を下北沢にオープン、数年後に漏水のため閉店。
2005年情報サイト「演劇☆キック」を開設、今回のリニューアルで「情報☆キック」に改題。
2009年オンラインストア『えんぶ☆ショップ』を開店。継続して運営中!
2012年5月株式会社えんぶ 設立。
2016年9月『演劇ぶっく』を改題。雑誌『えんぶ』となる。
2020年コロナ禍のために雑誌の広告売上げが激減。
国の中小企業等事業再構築促進補助金に「えんぶ☆TOWN」の創設をテーマに応募、
2022年6月に採択され現在鋭意進行中!
2023年6月『えんぶ☆TOWN』を開設。
2023年6月web限定マガジン『演劇ターン』を販売開始。