パフォーミングアーツ・セレクションは、各劇場ごとに2~3作品をセレクトし、ショーケースとして上演する企画。2022年の国内7都市での上演に続き、2023年は愛知県芸術劇場での上演後、高崎芸術劇場(群馬)、高槻城公園芸術文化劇場(大阪)、東京芸術劇場の4都市を巡る。

上演作品は、柿崎麻莉子×アリス・ゴトフリー、島地保武×環ROY、そしてイリ・ポコルニによる3つの新作のほか、ダンスの歴史にフォーカスをすることでダンスの「継承」と「再構築」の2つの視座からプログラムを構成した公演「ダンスの系譜学」より酒井はな×岡田利規作品、中村恩恵作品の合計5作品となっている。
 
【公演情報】
「パフォーミングアーツ・セレクション 2023」
●9/16~10/22◎愛知県芸術劇場、高崎芸術劇場、高槻城公園芸術文化劇場、東京芸術劇場
〈公式サイト〉https://dancebase.yokohama/event_post/pas2023-tour