MENU
情報☆キック
株式会社えんぶ が隔月で発行している演劇専門誌「えんぶ」から飛び出した新鮮な情報をお届け。
公演情報、宝塚レビュー、人気作優のコラム・エッセイ、インタビューなど、楽しくコアな情報記事が満載!
ミュージカルなどの大きな公演から小劇場の旬の公演までジャンルにとらわれない内容で、随時更新中です。

(雑誌『演劇ぶっく』は2016年9月より改題し、『えんぶ』となりました。)
広告掲載のお問い合わせ

シス・カンパニー日本文学シアター『夫婦パラダイス』上演決定!

尾上松也、瀧内公美
鈴木浩介、福地桃子、高田聖子、段田安則 

 

日本文学のレジェンドたちやその名作へのリスペクトを込め、オリジナル戯曲を創作する「日本文学シアター」シリーズ。2013年上演の『グッドバイ』を皮切りに、劇作家:北村想、演出:寺十吾と共に、様々な日本文学の世界をモチーフに、斬新な発想を加えた作品を上演してきた。

そのシリーズとしては2019年『風博士『以来となる、第7弾『夫婦(めおと)パラダイス』の9月上演が決定。出演は、尾上松也、瀧内公美、鈴木浩介、福地桃子、高田聖子、段田安則 と楽しみな顔ぶれが揃った。

過去に、太宰治、夏目漱石、長谷川伸、能「黒塚」、江戸川乱歩、坂口安吾に向き合い、大胆でありながらも、叙情感あふれる瑞々しい別世界を創り上げてきた本シリーズ。今回オマージュを捧げるレジェンドは、「織田作( おださく) 」の愛称で親しまれた無頼派作家「織田作之助」。そして、その代表作「夫婦善哉(めおとぜんざい)」が大きなインスピレーションとなっているのは、『夫婦パラダイス』というタイトルからも明らかだ。「おださく」が愛し続けた生まれ故郷・大阪を舞台にした、『夫婦善哉』柳吉と蝶子の物語がどのような世界に変容していくのか・・・!

【公演情報】

シス・カンパニー公演

日本文学シアターVol.7 『夫婦パラダイス』  

作:北村想

演出:寺十吾

出演:尾上松也、瀧内公美、鈴木浩介、福地桃子、高田聖子、段田安則 

●9/6~19◎東京公演 紀伊國屋ホール

●9/22・23◎愛知公演 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール

●9/26・27◎大阪公演  森ノ宮ピロティホール

〈一般販売〉 2024年7 月予定

〈公演の問い合わせ〉シス・カンパニー  03-5423-5906 (平日11:00~19:00)

〈公式サイト〉https://www.siscompany.com

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!