MENU
情報☆キック
株式会社えんぶ が隔月で発行している演劇専門誌「えんぶ」から飛び出した新鮮な情報をお届け。
公演情報、宝塚レビュー、人気作優のコラム・エッセイ、インタビューなど、楽しくコアな情報記事が満載!
ミュージカルなどの大きな公演から小劇場の旬の公演までジャンルにとらわれない内容で、随時更新中です。

(雑誌『演劇ぶっく』は2016年9月より改題し、『えんぶ』となりました。)
広告掲載のお問い合わせ

倉持裕×林遣都『帰れない男』~慰留と斡旋の攻防~開幕コメント到着&舞台写真公開!

本多劇場にてM&Oplaysプロデュースの倉持裕新作公演『帰れない男~慰留と斡旋の攻防~』が4月13日に開幕した。東京公演後は、愛知、島根、富山、大阪、宮城と全国へ巡演する。

本作は、ある出来事をきっかけに、不思議な屋敷に誘い込まれた主人公がその屋敷の主人と若妻に翻弄され、もてなしを受けるうちに、本来の自分を見失ってゆく様を描くサスペンスとして企画された倉持裕の新作となっている。

今回主演を務めるのは、2016年にBunkamuraシアターコクーンで上演された倉持裕演出のM&Oplaysプロデュース『家族の基礎』で初舞台を果たした林遣都。初舞台以来、継続して舞台に立ちつづけ、今話題の作品に次々と出演する林を主演に迎え贈る新作書下ろし公演となる。

共演には、今回倉持とは初顔合わせの藤間爽子、柄本時生、新名基浩、佐藤直子、山崎一など魅力的なキャスト陣が集結した。

 【ストーリー】

思い返すと、その屋敷は確かに立派な門構えではあったが、迷子になるほど中が広大だったとは、男は思いもしなかった。男は、気まぐれに親切にした若い女に招かれそこへ来た。最初、女はこの屋敷の女中かと思っていたら、実は主人の女房だった。年の離れた亭主を持つと、若くともこんなアンバランスなムードを身にまとうようになるのかと、男は勝手に納得する。屋敷の中は薄暗い上、廊下も恐ろしく長く、部屋の数も分からなかった。

数日経って、友人が連れ戻しに来たが、男は「帰ろうにも出口にたどり着けないんだ」などと困った顔をする。中庭を挟んだ向かいの広間で、夜ごと催される誰かの宴。その幻想的に揺らめく人影をぼんやり眺める女に、男は次第に惹かれていく。男を躊躇させるのは、留守がちで、まるで自分の妻を斡旋するかのような、主人の謎の振る舞い。

引き留めるわけではないが、時折、何やら共謀をほのめかすような女と、その主人との間で、男は次第に正気を失っていく……。

招かれた屋敷にて、 帰り方を忘れて滞在し続ける男。引き留める代わりに、目で共謀を訴えかける若い女。度々留守にして、男と妻の時間を作る屋敷の主人。遠くの宴と、呆れるほど長い廊下を背にした 幻想譚。

 

【コメント】

作・演出:倉持裕

目論見通り、男女間の嫉妬心、猜疑心、復讐心が漂う幻想的な芝居になったと思う。稽古中、俳優たちには素直な感情表現をなるべく抑え、理性的に努めることを求め、それでも漏れ出てしまう欲や本音を大事にしたいと説明し、皆、それに見事に応えてくれた。あえて選んだ古風な演劇的表現に関し、スタッフも素晴らしい仕事をしてくれた。皆様、劇場でお待ちしています。

林遣都

充実感でいっぱいの稽古でした。倉持さんには毎日のように新しい気づきや学びを与えてもらいました。観に来てくださる皆様にも、この本の面白さを存分に感じていただけるよう、精一杯の力で挑みたいと思います。頼もしい共演者の方々と共に、本多劇場でお待ちしています。

【公演情報】

M&Oplaysプロデュース『帰れない男~慰留と斡旋の攻防~』

作・演出:倉持裕

出演:林遣都、藤間爽子、柄本時生、新名基浩、佐藤直子、山崎一

●4/13~5/6◎東京公演 本多劇場

〈料金〉8,000円 (全席指定・税込)  

〈問い合わせ〉㈱M&O plays  03-6427-9486

〈公式サイト〉 https://mo-plays.com/kaerenaiotoko/

【撮影・宮川舞子】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!