ノゾエ征爾
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.133「うおーきん」新着!!

新国立劇場「デカローグ」に参加させていただくにあたり、さて、初台までどう通おうか?といくつかの選択肢がある中で(これまでは基本的に自転車)、今回は俳優での参加ということでセリフ練習も兼ねて、徒歩なんてどうだろうか?と思い […]

続きを読む
観劇予報
ノゾエ征爾 潤色・演出、水田航生・朝夏まなと・渡辺いっけい出演『ロボット』上演決定!  新着!!

チェコの国民的作家・劇作家であるカレル・チャペックが役100年前に発表したSF戯曲の金字塔とも言われる『ロボット』が、この冬、シアタートラムで上演される。 今作の戯曲はおよそ100年前の1920年に、チェコの国民的作家・ […]

続きを読む
ノゾエ征爾
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.132「ありがとうございました」

小学2年でアメリカから帰ってきた時、一気に日本に近寄らせてくれたのがドクタースランプだった。兄と一緒におしっこちびる勢いで笑い転げたもので、日本最高だぜ!と思ったのをよく覚えている。コミック最終巻を数年遅れでようやく中古 […]

続きを読む
ノゾエ征爾
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.131「言葉のうつろひ。」

またね。この「。」を付けることをマルハラと呼び、一部の若者の間では、句読点は、ちょっとした圧力を感じるものとなっているらしいと聞いて、驚愕したものだ。とは言え、LINEなどの話し言葉の時に限ったことらしい。「またね マル […]

続きを読む
特集
えんぶ新春特別企画 “旬”の演劇人に聞きました! 2024年「今年は○×#▲だ!」Vol.5

2024年1月9日に発売された「えんぶ2月号」の新春特別企画を10回に分けて掲載いたします。Vol.5 伊礼彼方(俳優) 今年は「インナーマッスル」だ! 活動し続けるための筋力が年々低下していく感覚がある。そのため、数年 […]

続きを読む
ノゾエ征爾
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.130「お役立ち2024」

公園で男の子が泣いていた。小学3年くらいだろうか。近くにいた他の子のお母さんが、大丈夫?などと声をかけていた。男の子はどうも鼻血を出しているようで、そのママさんはあたりを見回す。誰かにヘルプを求めている。私は道路を挟んで […]

続きを読む
ノゾエ征爾
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.129「お選択」

もう今年最後のエッセイとは、信じがたいほどに早い。12月にしてこの異常な暖かさが、より信じられなさに拍車をかけているのかもしれませんが、あれも今年かこれも今年かと思い出していくと、一年ってなかなかにボリューミーである。下 […]

続きを読む
ノゾエ征爾
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.128「USJとTDS」

一月の間に、西と東の大テーマパークに行ってきた。初めてのUSJと、15年ぶりの東京ディズニーシーである。もうすぐ5歳の息子はいずれも初となる。 まずはU S J。着いたU S Jの駅でエスカレーターに乗りこむと […]

続きを読む
ノゾエ征爾
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.127「暗いマッチ」

尊敬してたアーティストから天才と評されて、一瞬だけいい気分になっているノゾエです。「ガラパコスパコス」も、おかげさまで東京公演をなんとか無事に完走できまして、地方公演の真っ最中であります。一発目の京都公演は一人欠けました […]

続きを読む
ノゾエ征爾
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.126「円の縁」

 「えんぶ」が、「演劇ぶっく」という名前だった頃、養成所「ENBUゼミナール」が立ち上がり、私はその第一期生だった。一年目の講師陣は、いのうえひでのり氏、加納幸和氏、ケラリーノ・サンドロヴィッチ氏、成井豊氏、平 […]

続きを読む