MENU
情報☆キック
株式会社えんぶ が隔月で発行している演劇専門誌「えんぶ」から飛び出した新鮮な情報をお届け。
公演情報、宝塚レビュー、人気作優のコラム・エッセイ、インタビューなど、楽しくコアな情報記事が満載!
ミュージカルなどの大きな公演から小劇場の旬の公演までジャンルにとらわれない内容で、随時更新中です。

(雑誌『演劇ぶっく』は2016年9月より改題し、『えんぶ』となりました。)
広告掲載のお問い合わせ

中村勘九郎×中村七之助『歌舞伎町大歌舞伎』上演決定!

 
中村勘九郎×中村七之助が出演する『歌舞伎町大歌舞伎』が、2024年5月3日~26日、新宿・THEATER MILANO-Zaにて上演されることが決まった。

歌舞伎の古典から新作まで幅広い作品に出演するだけでなく、父である十八世中村勘三郎の遺志を受け継ぎ、平成中村座や渋谷・コクーン歌舞伎を牽引するなど、若くして中村屋一門をまとめ、駆け抜けている中村勘九郎と中村七之助。

今年5月に上演された『姫路城世界遺産登録30周年記念 平成中村座 姫路城公演』では、チケットが発売からわずか2日で完売、11月には『北九州市制60周年 平成中村座 小倉城公演』が控えるなど、全国各地で多くの観客を魅了するなど、新たな挑戦を続ける勘九郎、七之助が、東急歌舞伎町タワーのTHEATER MILANO-Zaにて、『歌舞伎町大歌舞伎』を上演する。

《新宿と歌舞伎》
元々新宿では、1945年に空襲の被害を受けた後、戦災復興事業として劇場や映画館などの娯楽機能を集中させようという動きがあり、この地に歌舞伎の劇場の誘致を図っていたことから「歌舞伎町」と命名された。

歌舞伎の劇場建設は実現しなかったものの、1956年には当時都内最大規模の劇場・新宿コマ劇場、座席数、広さともに日本一を誇った映画館・新宿ミラノ座を擁する新宿東急文化会館(後の新宿TOKYU MILANO)が開業するなど、エンターテインメントの中心地として発展。

新宿コマ劇場は2008年、新宿TOKYU MILANOは2014年に閉館したが、2015年には新宿東宝ビル、そして2023年には東急歌舞伎町タワーが開業するなど、「エンターテインメントシティ歌舞伎町」を目指し、街づくりを推進している。

THEATER MILANO-Zaは新宿ミラノ座の名前を継承するライブエンターテインメント施設として今年オープンし、2024年春には開業から1周年を迎える。周年に彩りを添える、新宿・歌舞伎町の名前の由来でもある歌舞伎公演の幕開けとなる。

【公演情報】
中村勘九郎×中村七之助『歌舞伎町大歌舞伎』
出演: 中村勘九郎、中村七之助 他
●2024/5/3〜26◎THEATER MILANO-Za(東急歌舞伎町タワー6階)
〈料金〉1等席 13,500円 2等席8,000円 3等席 4,000円(全席指定・税込)
〈一般発売日〉 2024年3月24日(日)10:00〜
〈公式サイト〉
松竹HP https://www.shochiku.co.jp
BunkamuraHP https://www.bunkamura.co.jp

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!