ゲキ×シネ20th記念プロジェクト第一弾となる劇団☆新感線渾身の“入れ替わり”本格バトル時代劇、ゲキ×シネ 『天號星』、その新ビジュアルが公開された。

先般、全国公開されることを発表いたしました、ゲキ×シネ『天號星』。この度、公開初日となる4月5日(金)に、キャスト参加による《初日舞台挨拶》と、その舞台挨拶の《全国生中継付き上映》が決定した。

本作は、2023年秋に劇団☆新感線43周年興行として東京・大阪にて上演。古田新太に早乙女太一&友貴兄弟が二人がかりで挑み、新感線史上最速の立ち回りで劇場を沸かせた話題作。今作で中島かずきが繰り出したのは、“あっ”と驚く<入れ替わり>の物語。江戸の町で裏稼業に生きる人々の人情劇と奇想天外なストーリー展開を、主宰・いのうえひでのりが、これまでの“いのうえ歌舞伎”とは一味異なる、愉快痛快なガッツリチャンバラ時代劇に昇華させた。舞台を所狭しと疾走し連日大盛況となった本作を、《ゲキ×シネ》では映像・音声ともにスクリーン用に編集・ミックスし、ライブの興奮はそのままに、洗練されたクオリティで臨場感溢れる映像に仕上げた。

4月5日(金)の《初日舞台挨拶》には、世のため人のため、生きていてはならない輩に引導を渡す、引導屋の主人・藤壺屋半兵衛を演じた古田新太と、その半兵衛とひょんなことから中身が入れ替わってしまう、冷酷無比なはぐれ殺し屋・宵闇銀次を演じた早乙女太一、さらに、主演舞台や大河ドラマへの出演で演技派として注目されるアイドルグループ乃木坂46の久保史緒里、幼少期から中国武術に親しみ数々の話題作で度肝を抜くアクションを披露する山本千尋と作品を彩った共演者が登壇予定。この舞台挨拶を全国上映館に生中継する。

また、ゲキ×シネ版のビジュアルは、舞台版から一新。そして、予告も公開された。古田新太と早乙女太一が入れ替わる!?奇想天外の面白さをガッツリチャンバラでお届けする痛快時代劇の片鱗が予告で楽しめる。

さらにゲキ×シネ20th記念プロジェクト第三弾として、最新作『天號星』を含めたゲキ×シネ27作品の歴代ポスターを演劇の街・日比谷の日比谷シャンテに集結、『天號星』の舞台衣裳とともに特別展示する、<ゲキ×シネ ポスター&衣裳展>を開催する。

【上映情報】   
ゲキ×シネ20th記念プロジェクト第一弾 ゲキ×シネ『天號星』 
公開日:2024年4月5日(金) ※3週間限定上映!
会場:新宿バルト9、T・ジョイ梅田他、全国にて公開。
チケットなど詳細は公式サイトにて
http://www.geki-cine.jp/sp/tengohsei/
《予告》  https://youtu.be/H0pGL816r_A