歌舞伎座で3月3日から幕を開ける「三月大歌舞伎」夜の部『喜撰』の特別ビジュアルと宣材写真が公開された。

夜の部の切は、軽妙な味わいの華やかな舞踊『喜撰』を上演する。京の祇園近くの春の野辺にやって来たのは、名僧として知られる喜撰法師。酒の入った瓢箪をぶら下げた桜の枝を手に、浮かれ気分でその足取りも軽やか。そこへ茶汲女の祇園のお梶が通りかかると、その美しさにすっかり心奪われた喜撰法師は…。

華やかな桜を背景に、尾上松緑勤める飄逸で粋な喜撰法師、中村梅枝勤める色気たっぷりの祇園のお梶、さらに坂東亀三郎、尾上眞秀、小川大晴がそれぞれ勤める所化3名が可愛らしく並ぶ。作品がもつ洒落っ気や春の麗らかな雰囲気漂う特別ビジュアルに、舞台への期待が高まるポスターとなっている。

喜撰とお梶による洒脱な踊りや、喜撰を出迎えた大勢の所化による賑やかな踊りなど、春にぴったりのみどころ満載の名作舞踊を堪能できる作品だ。 

【公演情報】
歌舞伎座「三月大歌舞伎」 
夜の部『喜撰』
〈公演サイト〉https://www.kabuki-bito.jp/theaters/kabukiza/play/866