安藤ゆきにより2015年~2018年に別冊マーガレット(集英社刊)にて連載され、累計140万部の人気作となった「町田くんの世界」の初舞台化であるミュージカル『町田くんの世界』が、3月29日~4月14日東京日比谷のシアタークリエで上演される(のち4月19~21日まで大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティでも上演)。

メガネをかけ常に物静かで、成績優秀かに見える外見とは裏腹に成績は中の下。アナログ人間で不器用で、運動神経も見た目どおりの町田くんの大きな心が、周りを変え、みんなに愛されていく。
そんな新感覚の人間ドラマを、東京2020パラリンピック開会式やミュージカル『チャーリーとチョコレート工場』、演劇『ハイキュー!!』等、デジタル技術とアナログな演劇技巧を融合させた演出でいま最も注目を集める演出家のひとりウォーリー木下と、主人公の「町田くん」を演じミュージカル初主演を果たす川﨑皇輝をはじめとした多彩なキャストが集って、新たな舞台がいま生まれでようとしている。

そんな作品で、ミュージカル作品初出演にしてヒロイン猪原奈々を演じる長澤樹が、稽古たけなわの様子や、作品、自身が演じる役柄について語ってくれた。

リアルでありファンタジーでもある原作が好きだった

──長澤さんにとって、この『町田くんの世界』が初めてのミュージカル作品ということですが、いまお稽古していていかがですか?

本当に楽しくて稽古の半分ぐらい笑ってるんじゃないかと思うくらい、楽しく稽古に臨ませていただいています。ミュージカルは初めてで、稽古に入るまでは大変なことがたくさんあるんじゃないかと思っていたので、こんなにも楽しくいさせてもらえるのが幸せすぎて、いまから終わってしまうのが寂しいと思ってしまうくらいです。

──それは初ミュージカル体験として素晴らしいですね! そんななかで改めて、今回の作品についてお訊きしたいのですが、まず原作に触れたタイミングはいつでしたか?

私は出演させていただけると決まるよりずっと前から、好きで読んでいた漫画でした。日常の延長線上のなかにある、リアルでありファンタジーでもあるという部分が斬新で、素敵な作品だなと思っていて。特に私は父が漫画好きで、幼い頃から少年漫画系の作品を読むことが多かったので、『町田くんの世界』も最初は少女漫画だとは知らずに読んでいたんです。これ少女漫画なんだと気付いたのは、ずいぶんあとで。でも恋愛要素以外にもすごく大切な台詞がたくさんあって、魅力が詰まった作品だなと思っていました。

──では、出演されると決まった時には?

それはとても嬉しかったのですが、やっぱりいざ自分で演じてみると、原作を読んでいたときにイメージしていたものがこのままでは伝わらないな、と感じたのを含めて自分の中で課題がたくさん出てきて。これまで映像作品に携わらせていただくことが多かったので、映像と舞台のお芝居はまた全然違うものなんだということも知りましたし、元々内に籠りすぎてしまうことが自分の課題としてあったんです。今回演じる猪原奈々にも最初はちょっと籠っている部分があるんですけど、それをどう表現してお客様にお伝えできるか?など、いまたくさん考えているところです。

みんなでゼロから創り上げるクリエイティブな稽古場

──そうした役作りなどの部分について、演出のウォーリー木下さんからはどんなアドヴァイスが?

ウォーリーさんは「こうして欲しい、ああして欲しい」とご自身から指示されることはあまりなくて、みんなで考えて行こうよ!というスタンスなんです。私の役に関しても、ウォーリーさんと二人で話し合うのではなくて、全員で場面について、役について話し合う時間を多く設けてくださって。例えば私がこの場面では周りの人からどう見えているか、どういう印象なのか?を話し合って、だとしたらこうした方がよりいいんじゃないか?と、どんどん進展していっている感じです。

──あぁ、それは素敵ですね、今回ミュージカル経験豊富なキャストさんもたくさんいらっしゃるので、皆さんで考えていけるというのは。

そうなんです。特にその場面での動きだったり、例えば回想シーンをどうやってやろうか?というアイデアも、最初からここは演出としてこうなります、と決まっているのではなくて、こうもできるんじゃない?こういう形もありかもといっぱい意見を出して、「じゃあとりあえずやってみようか」という形で、実際にやって「これは良かった」「ここはさっきの方がいいから、じゃあどうしようか」と本当にゼロから皆さんと一緒に創っていけているので、ものすごくクリエイティブな稽古場なんです。

──そうしますと、カンパニーの結束も自然に固くなっていくでしょうね。

本当にずっとみんなで話しているという印象です。主演の川﨑皇輝さんはもちろんですし、舞台経験豊富な方々のなかで、私は初めてのミュージカルですし、一番年下でもあるので、最初はすごく緊張して「大丈夫かな?ついていけるかな」と思いながら稽古に入ったんです。でもキャリアがないとか、そういうことは全然関係なく、皆さんが気さくに話しかけて出演者の一員として迎えてくださって、様々に支えてくださっているからこそ、いま猪原さんという役として、ここにいられるんだろうなと思います。ここからの稽古、そしてシアタークリエでの本番から、ツアー公演の大千穐楽まで、自分ももっともっと成長して、何かひとつでもこのカンパニーの力になれることがあったらいいなと思っています。

舞台上に長澤樹という人がいなくなればいいな

──そんななかで、演じる猪原奈々という役柄についてはどうですか?

結果として舞台上に長澤樹という人がいなくなればいいなと思っていて。いつ何をしても猪原さんでいられるのが、やっぱり一番素敵だなと思いますし、例えば暗い役だからこんなことはしない、などではなくて、暗い性格の人がこれをやってもきちんと成立してるよね、という役作りができたら本当にいいなと思っているので、そのためにも猪原さんってどういう子なんだろうということを、もっともっと掘り下げて、理解していって、仕草や癖なども見つけ出していけたらいいなと思っています。

──また、先ほどお話ししてくださった、リアルでありファンタジーでもあるという漫画世界が、今回ミュージカルになる訳ですが、ミュージカルナンバーについてはいかがですか?

元々歌うのはすごく好きだったので、自分としてはとても楽しいのですが、やっぱりただ歌うのではなくて、お芝居としての動きのなかでだったり、その場の感情も入ってくるので、それを乗せながら歌うのは難しいところがたくさんあります。特に、今回まるまる1曲のソロナンバーではなく、その一言だけという歌もたくさんあるので、それぞれでの歌い方の違いなども、これからどんどん変わっていくのだろうなと思っています。それでも、お芝居のなかで歌になっていくので、気持ちは込めやすいんだなと思いました。

──芝居と共に歌で感情があふれていくという感覚でしょうか?

セリフの延長線上のなかで、本当に伝えたい言葉を歌にしているので、自分の中でいまこれが言いたいんだ、というのがストレートに伝わる気持ちがしています。

──また先ほど少しお話ししてくださいましたが、舞台でのお芝居と映像のお芝居の違いを感じられるというのは、どういうところが大きいですか?

やっぱり一番感じるのは、全身を使う、その使い方が全然違うということです。映像だと顔の表情がアップになりますが、舞台だと最前列の方には見えたとしても、後ろの席や角度によっては、顔の表情だけの表現では伝わらないですよね。気持ちの変化などを大げさになりすぎず、如何に全身でお伝えできるか?が、舞台のお芝居の面白さであり、難しい部分でもあるんだなと感じます。あとは、映像だと、すごく寄っていたところから孤独感を出す為にバーッと引いていくとか、カメラワークとしての表現の技法が色々あると思うのですが、舞台はいつどんな時でも全身で舞台にいて、役の人物としてのどんな瞬間でもちゃんと完成していないといけないので、それが少しでも緩んでしまって、お客様に間違った伝わり方をするのはとても辛いなと思うので、そこはすごく意識しています。

観ていただいた方の心にきっと残るものがある

──そうした舞台のお芝居を追求していらっしゃるなかで、日々の訓練ですとか、何か意識していることはありますか?

やっぱり歌に対して、自分は本当にまだまだなので、まずきちんと音を取るという一番の基本を徹底させてから感情を入れていくように、は意識しています。ありがたいことにカンパニーの皆様が素晴らしい方ばかりなので、稽古場でされていることを真似てみるなど、日々学ぶ気持ちでできるかぎり多くのことを吸収できたらなと思っています。もちろん喉を大切にするとか、動きも多い作品なので、怪我だけはないように気持ちを引き締めてはいますが、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃとガチガチにしてしまうのではなくて、まず自分のなかにある「お稽古がとても楽しい」という気持ちをずっとベースに持っていたいなと思っているので、楽しみながら励んでいきたいです。

──お話を伺うほどに、良い環境で作品に臨まれているんだなと感じますが、ここから先のお話として、舞台や映像に限らず、また具体的な作品名などでなくて構いませんので、今後こうやっていきたいなというビジョンや夢はありますか?

ミュージカルに出たいという気持ちはずっとあったので、今回まずその最初の一歩を踏み出せましたが、だからこそもっとたくさん舞台をやりたいという気持ちは強くあります。あと映像でもそうなのですが、「この役柄を私に?」と自分では思いもしなかったような役をいただくことがたくさんあって、そういうたくさんの出会いがこれからもあったらいいなと思っています。自分でこの役がやりたい、というよりは、こういう役を長澤樹にやらせてみたい、と思っていただけるのが嬉しいし、光栄なので、これからも様々な役に挑戦していきたいです。

──色々な作品で長澤さんを拝見できることを楽しみにしていますが、まず今回の舞台ミュージカル『町田くんの世界』を楽しみにされている方たちにメッセージをお願いできますか?

『町田くんの世界』をミュージカルにするということで、いったいどんな舞台になるんだろう、と注目されている方がたくさんいらっしゃると思います。キャスト、スタッフがひとつになって、音楽のある『町田くんの世界』を創っていますので、きっと観ていただけたら心にスーッと入ってくる何かがあると思います。それが観た方のこれから進んでいく人生、時間のなかでどこかに残っていたら、これほど嬉しいことはないなと思っていますので、是非劇場にいらして下さい!

■PROFILE■
ながさわ・いつき〇静岡県出身。オードリー・ヘプバーンにあこがれて芸能界に入り、2020年公開の『破壊の日』で映画初出演を果たし、21年公開の映画『光を追いかけて』でヒロインを務めるなど躍進。映像、ドラマまたCMにも多数出演している。主な出演作品に映画『愛のゆくえ』『ハウ』『ちひろさん』、ドラマ『青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-』『一橋桐子の犯罪日記』『18/40~ふたりなら夢も恋も~』など。映画『カーリングの神様』が公開待機中。

【公演情報】
ミュージカル『町田くんの世界』
原作:安藤ゆき「町田くんの世界」(集英社 マーガレットコミックスDIGITAL刊)
演出:ウォーリー木下
脚本・作詞:ピンク地底人3号
音楽・作詞・演奏:和田俊輔
出演:川﨑皇輝 長澤樹 / 神里優希 斎藤瑠希 礒部花凜 大月さゆ 浜崎香帆 岩橋大
鶴岡政希 / 湖月わたる 吉野圭吾
●3/29~4/14◎日比谷・シアタークリエ
〈料金〉11.500円(全席指定・税込)
〈公式サイト〉https://www.tohostage.com/machidakun/index.html
〈お問い合わせ〉東宝テレザーブ 03-3201-7777
●4/19~21◎大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
〈お問い合わせ〉梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ 06-6377-3888

(c)安藤ゆき/集英社・東宝

【取材・文/橘涼香 撮影/中村嘉昭 スタイリスト/上田リサ ヘアメイク/MAI KUMAGAI(HITOME) 衣裳協力/ALM、WIZZARD、vebet】