歌舞伎座「七月大歌舞伎」では、市川團十郎・主演による通し狂言『星合世十三團 (ほしあわせじゅうさんだん)』が上演されることが決まった。

三大名作のひとつ『義経千本桜』のドラマ性に焦点をあて、娯楽性に富んだ演出や新たな趣向、宙乗り、大立廻りを取り入れ、源平の時代に生きた人間たちの運命と修羅を描いた壮大な物語『星合世十三團(ほしあわせじゅうさんだん)』。
古典の名作に新たな息吹を吹き込んだこの作品は、令和元年7月の初演当時、市川海老蔵(現:團十郎)が碇知盛やいがみの権太、狐忠信をはじめ、主要な十三役を鮮やかな早替りで魅せるというこれまでにない試みも好評を博した。

その意欲作を、この度、歌舞伎座7月公演「七月大歌舞伎」にて、團十郎襲名後初めて上演することが決定。左大臣藤原朝方、卿の君、川越太郎、武蔵坊弁慶、渡海屋銀平実は新中納言知盛、入江丹蔵、主馬小金吾、いがみの権太、鮨屋弥左衛門、弥助実は三位中将維盛、佐藤忠信、佐藤忠信実は源九郎狐、横川覚範実は能登守教経という、『義経千本桜』でお馴染みの13人の登場人物たちを市川團十郎が勤め奮闘する。

【公演情報】
歌舞伎座「七月大歌舞伎」
2024年7月1日(月)~24日(水)
【休演】10日(水)、16日(火)
会場:歌舞伎座 
上演演目:『星合世十三團』ほか

通し狂言『星合世十三團』
市川團十郎十三役早替り宙乗り相勤め申し候
市川團十郎 : 左大臣藤原朝方/卿の君/川越太郎/武蔵坊弁慶/渡
海屋銀平実は新中納言知盛/入江丹蔵/主馬小金吾/いがみの権太
/鮨屋弥左衛門/弥助実は三位中将維盛/佐藤忠信/佐藤忠信実は
源九郎狐/横川覚範実は能登守教経

一般前売:6月14日(金)チケット発売予定
公演名、公演日等は変更になる可能性があります。