MENU
情報☆キック
株式会社えんぶ が隔月で発行している演劇専門誌「えんぶ」から飛び出した新鮮な情報をお届け。
公演情報、宝塚レビュー、人気作優のコラム・エッセイ、インタビューなど、楽しくコアな情報記事が満載!
ミュージカルなどの大きな公演から小劇場の旬の公演までジャンルにとらわれない内容で、随時更新中です。

(雑誌『演劇ぶっく』は2016年9月より改題し、『えんぶ』となりました。)
広告掲載のお問い合わせ

「七月大歌舞伎」夜の部『裏表太閤記』上演決定! 

歌舞伎座では「七月大歌舞伎」夜の部において『裏表太閤記(うらおもてたいこうき)』を上演することが決定した。 

天下人・豊臣秀吉の出世物語である「太閤記」は、現在でも新たな芝居やドラマ、小説や漫画が制作されるほど高い人気を誇る。江戸時代以降、歌舞伎においても「太閤記」を基にした多くの作品が生まれ、長年にわたり人々に愛され続けている。

昭和56(1981)年に初演された『裏表太閤記』は、古典の復活と再創造を標榜し、現代の観客の心を打つ歌舞伎の魅力を生み出した二世市川猿翁(当時 三代目猿之助)が手掛けた作品。二世猿翁と共に多くの作品を創り出した奈河彰輔の脚本、二世藤間勘祖(六世勘十郎)の演出・振付で上演され、宙乗りや早替り、立廻りなど派手な演出が盛り込まれた。

「太閤記」から天下人・豊臣秀吉の活躍が光る“表”の物語と、その輝かしい光の陰にある秀吉のライバル・明智光秀らの悲劇的な“裏”の物語を巧みに織り交ぜて構成。昼夜一日かけて上演された壮大な物語で、昭和56年の明治座での初演以来、これまで一度も再演されてこなかった伝説の舞台。実に43年ぶりの上演となる今回は、新たな構想での幕開き。情熱的な三代目猿之助の精神を受け継ぎながら、歌舞伎の魅力が凝縮された熱い舞台が繰り広げられる。

出演は、松本幸四郎をはじめ市川中車、尾上松也に、坂東巳之助、尾上右近、市川染五郎という若手の出演、そして松本白鸚が出演し高麗屋三代が揃うことも話題のひとつ。初演の奈河彰輔の大胆で壮大な脚本を基に、六世勘十郎を祖父に持つ八世藤間勘十郎が演出・振付をつとめる異色の「太閤記」、風薫る初夏にぴったりの「太閤記」に期待が集まる!

【公演情報】

歌舞伎座「七月大歌舞伎」

2024年7月1日(月)~24日(水)

 【休演】10日(水)、16日(火)

夜の部『千成瓢薫風聚光裏表太閤記(せんなりびょうたんはためくいさおしうらおもてたいこうき)』

出演:松本幸四郎、市川中車、尾上松也、坂東巳之助、尾上右近、市川染五郎/松本白鸚

一般前売:6月14日(金)チケット発売予定

※公演名、公演日等は変更になる可能性があります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!