大河内直子が演出を務める演劇ユニットunratoの『月の岬』が2月23日に東京芸術劇場 シアターウエストにて開幕した。(3月3日まで)

本作は、1997年初演。長崎弁を用い、繊細な人間の機微を丁寧に描き、この年の読売演劇大賞最優秀作品賞を受賞した松田正隆の名作戯曲。

主演に陳内将を迎え、梅田彩佳、谷口あかり、石田佳央、田野聖子、岡田正、奥田一平、松平春香、山中志歩、赤名竜乃介、天野旭陽、真弓、金子琉奈、といった多方面で活躍するキャストが顔を揃えている。

初日を迎えた主人公の平岡信夫を演じる陳内将、その妻・直子役の梅田彩佳、姉の佐和子役の谷口あかりと、演出家・大河内直子からコメントが届いた。

コメント】 

平岡信夫 役/陳内将  
皆さま、こんにちは。平岡信夫役の陳内将です。
『月の岬』は自身の役者人生において紛れもなく大切な作品になるのだろうと稽古前から初日を迎えた今に至るまで、全キャストスタッフ一丸となり魂を込めて今作に挑ませて頂いた自負があります。
「皆さまの観劇の価値観を揺るがす」
今作が、そんな作品になればいいなと願っています。
2024年にこの題材をこの座組で背負う、というのはきっとそういうことなんだと、ハードルを上げるのではなく覚悟と責任を持って、最後まで大切に挑みます。
2月23日から3月3日まで。いつの日も何度でもお待ちしております。

平岡直子 役/梅田彩佳 
シアターウエストに立つのは初めてです。
お稽古初日から大河内直子さんのもとで、余白が沢山ありすぎる、戯曲『月の岬』と向かい合ってきました。
台本を読んだ時に一番最初に感じた、大切に扱わないと壊れてしまいそうなイメージは、お稽古をやった後の今でも変わりません。
どんな小さなことでも、皆さんと一つ一つ共有しながら作り上げてきました。
本番が始まっても変わらずに、お稽古場で皆と作り上げた作品を大切に皆さまに見ていただけるように日々、生きていきたいと思います。

平岡佐和子 役/谷口あかり 
劇場に入って、平岡家のセットを見た時思わずため息が…。お客さまもきっと、劇場入ってすぐにこの世界観に惹き込まれるのではないでしょうか。
余白の多い作品で、カンパニー一同本当にたくさん意見を交わしながら作ってきました。観劇されたお客さまがどう受け取られるか、どう解釈されるのかも是非聞いてみたいです。
作品の根底に流れるテーマは決して明るいものではないですが、日常の中に溢れる笑い、必死に生きる人たちの滑稽さに、私たちも稽古場で思わず声を上げて笑ってしまいました。12公演、平岡家を取り巻く人たちと一緒に、笑ったり、悩んだり、一緒に旅して頂ける時間を楽しみに、劇場でお待ちしております。

演出家/大河内直子 
松田正隆さんが紡がれた『月の岬』が、13人の俳優とスタッフ皆の手によってシアターウエストに立ち上がりました。
向こう岸への旅路、潮の満ち引き、いのちの営みーそんな一瞬をみなさまにご覧いただけますように。
劇場でお待ちしております。


 
【あらすじ】
夏。長崎の離島にある平岡家。
長男・信夫と直子の結婚式準備に追われる長女の佐和子。
二女・和美の夫の幸一、信夫の高校の生徒たち、佐和子の幼馴染・悟…。
平凡な日常に微かな亀裂が入り、やがて奥底に抱えていた暗闇が広がっていく。

【公演情報】
unrato#11『月の岬』
作:松田正隆
演出:大河内直子
音楽:三枝伸太郎
出演:
陳内将 梅田彩佳 谷口あかり
石田佳央 田野聖子 岡田正
奥田一平 松平春香 山中志歩 赤名竜乃介 天野旭陽 真弓 金子琉奈
●2024/2/23~3/3◎東京芸術劇場 シアターウエスト
〈料金〉一般 7,700円 サイドバルコニー席 6,600円  学生 4,000円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈お問い合わせ〉 info@ae-on.co.jp 
〈公演サイト〉http://ae-on.co.jp/unrato/

【舞台写真:交泰】