安藤ゆきにより2015年~2018年に別冊マーガレット(集英社刊)にて連載され、累計140万部の人気作となった「町田くんの世界」の初舞台化であるミュージカル『町田くんの世界』が、3月29日に日比谷・シアタークリエで開幕した。(4月14日まで。のち4月19日~21日に大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティでも上演)。

メガネをかけ常に物静かで、成績優秀かに見える外見とは裏腹に成績は中の下。アナログ人間で不器用で、運動神経も見た目どおりの町田くんの大きな心が、周りを変え、みんなに愛されていく。そんな新感覚の人間ドラマを、東京2020パラリンピック開会式やミュージカル『チャーリーとチョコレート工場』、演劇『ハイキュー!!』等、デジタル技術とアナログな演劇技巧を融合させた演出でいま最も注目を集める演出家のひとりウォーリー木下がどう舞台に立ち上げていくのかに、大きな期待が集まっている。

その舞台で主人公の「町田くん」を演じミュージカル初主演を果たす川﨑皇輝が、作品や町田くんというキャラクターへの熱い思いを語ってくれた「えんぶ4月号」のインタビューをお届けする。

町田くんは絶妙な、オンリーワンのキャラクター

──まず、作品のオファーを受けた時の気持ちから教えてください。

びっくりしました。前回主演の舞台をやらせてもらった『ロミオとロザライン』から約2年半が過ぎ、そろそろ何かやりたいという気持ちはあったのですが、作品がストレートプレイだったこともあって、ミュージカルをさせていただける、まして僕にとって思い入れの深いシアタークリエで、しかも少女漫画が原作の作品で、と想像もしていなかったことが重なったので、とても驚いたというのが最初の気持ちでした。

──そこから作品についてはどんな印象を?

少女漫画の世界にはこれまであまり触れる機会がなくて、多分ちゃんと読んだのはこの「町田くんの世界」が初めてと言ってもいいくらいなので、読む前には「少女漫画が原作ってことはすごいイケメンが出て来て、キュンキュンする物語かな…?」と思っていたのですが、実際にはすごく心温まるヒューマンドラマだなと感じました。町田くんの見ている世界がとても美しいので、その美しい世界をミュージカルにすることによって、観てくださるお客様に感じてもらえたら一番嬉しいなと思っています。

──演じる町田くんのキャラクターについてもう少し掘り下げていただくとすると?

本当にいい子で、周りの人たち、出会った人たちを家族のように愛している。大きな地平に立っているからこそ、逆に欠けているところもあるのが人間らしいんですけど、言葉にするのが難しいくらい絶妙な、オンリーワンのキャラクターだなと。町田くんっぽいな、という人も僕の周りにはいないので、如何に自分でしっかりと彼を理解して本番に向けて作っていけるかが課題だなと思っていますが、個性的で、とても素敵なキャラクターですね。

──そうした得も言われぬ雰囲気が伝わってくる素敵なポスターができあがっていますが、このビジュアル撮影の時にはどんな印象を?

この世界に入っていく第一歩目がこの撮影で、先にポスターの完成想定図を見せていただけたのですが「あ、そうそう!これ!」という、漫画の一読者としてもすごく腑に落ちる世界観で。そこから衣装をつけ、眼鏡を選んでと進んでいったのですが、その一つひとつで町田くんに近づいていける感覚があって、この撮影は僕にとってもすごく貴重な時間でした。

ポップで色鮮やかで、ちゃんと奥深いウォーリー木下作品

──演出のウォーリー木下さんが作品について「現実のことしか描かれていないようにも思えるし、まったくのファンタジーにも思える」とコメントしていらっしゃいますね。

本当にその通りだと思います。設定や状況はすごくリアルなんですけど、キャラクターはファンタジーよりかとも言えるくらいオンリーワンで、そのバランス感覚が見事な作品ですよね。

──そのウォーリーさんとご一緒されるにあたって期待していることなどは?

実は全くどなたの作品なのかは意識せずに観にいった舞台で、色使いやテンポ感などがいいなぁ、素敵だな、こういう作品にいつか出たいなと思うと、ウォーリーさんが手掛けていらっしゃるものだった、ということが何回かあったんです。それからお名前を意識するようになって、最近の作品では瑞稀(井上瑞稀)くんの『ルーザーヴィル』や、光一くん(堂本光一)の『チャーリーとチョコレート工場』もそうでしたが、とてもポップで、頭をからっぽにして観ることもできるんだけど、実はちゃんと奥深いという作風がたまらなく好きで。あの世界を創り出した人とご一緒させてもらえるんだ、ということにどんどんテンションがあがっています。ウォーリーさんにお会いできること自体もすごく楽しみですし、どうやってあの舞台が出来上がるのか?を知ることができるのも楽しみで仕方がないです。

──どう発想して、どう構築されていくのか、客席から舞台を拝見していると、頭の中を覗いてみたいと思うほどですよね。

そうなんですよ。構成も複雑なものも多いし、鮮やかで楽しいので『町田くんの世界』にウォーリーさんの演出が加わるとどうなるんだろう、がとても楽しみですし、創られていく過程をご一緒できる、参加させていただけるからこそ吸収できるものがたくさんあると思うので、早く稽古がはじまらないかなという気持ちです。

──また、共演者の方々も多彩な顔ぶれですね。

数々の舞台に出ていらっしゃる方々ばかりなので、あとはもう、この舞台がどうなるかは僕次第じゃないのか?という、プレッシャーが大きいです。和田俊輔さんが書かれたミュージカルナンバーも既に1曲聞かせてもらっていて、それもすごく素敵な曲なんです。

──それは楽しみです!

ですよね? だからこそプレッシャーで(笑)。これまでにもこういう壁には当たってきましたが、今回それが更に高い壁なので、このプレッシャーを力に変えて頑張っていきたいです。

全てのジャンルを楽しいと思っている

──2024年は年頭から帝国劇場の『Act ONE』でスタートされましたが、こうした「少年忍者」としての活動と、川﨑皇輝さん個人としての活動には、違いを感じますか?
 
違いはすごくあって、いつも一緒の仲間とやる時と、こうして一人で出させていただくものとではまず環境が違うので、もちろん共演者の皆さんやスタッフの方々もいらっしゃいますが、やっぱり個人戦だなと感じますし、新しいものにたくさん触れる機会にもなります。ただ、自分の熱量とか気持ちという面ではあまり変わりはなくて、「少年忍者」のメンバーと一緒だからと言って決して気を抜いていませんし、逆に一人だから過度に張り切り過ぎることもなく、あくまでも同じひとつのお仕事として臨ませていただいているのかなとは思っています。でもやっぱり「少年忍者」はホームなので、みんなと一緒だと安心感はあります。それは『ロミオとロザライン』をやらせてもらって、グループに帰ってきた時に特に感じたことでした。だから今回の舞台でもたくさん吸収して、それをまた「少年忍者」としての活動に生かしていきたいです。

──そんな川﨑さんが感じる、演劇の好きなところは?

演劇は目の前で作品が進んでいくことで、他のエンタメよりも世界に没頭できるという特徴があると思います。観終わった後に、夢を見ていたのかと錯覚するほど、作品の世界に吸い込まれる瞬間があり、それがとても大好きです。
──また、ご自身として将来こうなっていきたいというビジョンや夢はありますか?

全部できる人になりたいです。TVドラマや映画も、こうした舞台も、もちろんアイドルとしてのLIVEも、マルチに活動を続けられる人になりたいです。これまで色々なことを一つひとつ経験させてもらってきて、今回『町田くんの世界』が一人で挑戦する初ミュージカルなように、これからも新しいこととの出会いはきっとあると思うんですが、その何一つも手放さずに、全部をやっていける人でありたいです。いま、全部のジャンルのお仕事を楽しいと思っているので、これからもその楽しいを続けていけることを目指していけたらと思っています。

──そんな様々な世界で活躍される川﨑さんを拝見するのを楽しみにしています。では改めてミュージカル『町田くんの世界』を心待ちにされている皆さんにメッセージをお願いします。

個人的にもですし、僕のことを応援してくださっている方たちにとっても馴染み深い、思い入れのあるシアタークリエでミュージカル初主演をさせていただけることに、とても気合いが入っています。原作がある作品も初めてなので、思い出深い作品になるだろうと思いますし、何より『町田くんの世界』という作品の素敵さを、ミュージカルというアプローチで表現することによって、より感じてもらえたらいいなと。僕が演じるから観に来て下さる方にはもちろん、作品がお好きで観にいらして下さる方にも「町田くん役の子、いいじゃん」と思ってもらいたい、というちょっとした野望(笑)もあります。精一杯頑張りますので、是非シアタークリエにいらして下さい!

■PROFILE■
かわさきこうき〇東京都出身。アイドルグループ「少年忍者」のリーダー。21年『ロミオとロザライン』で舞台初主演を飾り、23年のテレビ朝日ドラマ「拝啓、奇妙なお隣さま」でも主演を果たすなど、活躍の幅を広げている。本作『町田くんの世界』がミュージカル作品初主演となる。

【公演情報】
ミュージカル『町田くんの世界』
原作:安藤ゆき「町田くんの世界」(集英社 マーガレットコミックスDIGITAL刊)
演出:ウォーリー木下 
脚本・作詞:ピンク地底人3号
音楽・作詞・演奏:和田俊輔
出演:川﨑皇輝 長澤樹 / 神里優希 斎藤瑠希 礒部花凜
大月さゆ 浜崎香帆 岩橋大 鶴岡政希 / 湖月わたる 吉野圭吾
●3/29~4/14◎日比谷・シアタークリエ
●4/19~21◎大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
https://www.tohostage.com/machidakun/

【構成・文◇橘涼香】